CRESのスタッフブログ
CRES 建築 > CRESのスタッフブログ > アジア象並み

アジア象並み

2017年1月24日 / 建築追っかけ日記

たくさん、雪が積もりましたね0017-98af9

豊岡では約60㎝の積雪があったようです。

改めて、この雪で思いましたが、除雪はつらいです。

雪ってほんと重いですね。

ちなみに雪ってどれくらいの重さがあるか知っていますか?雪の種類にもよるらしいですが、新雪だと1㎥メートルあたり50キロ~150キロ しまり雪だと250キロ~500キロもあるそうです。 どおりで腰が痛くなるわけですね。

話は変わりますが、雪もたくさん降ったので、テクノストラクチャーの建築現場を見に行ってきました。

屋根に雪がたくさん積もっています。相当の荷重がかかっていそうです。

屋根の面積を20坪(約66㎡)と仮定して、新雪で約60センチ(50キロと150キロの間で100キロとします。 100×60%=60キロ )

つまり 66㎡×60キロ=3960キロ≒約4トン

屋根には約4トンもの荷重がかかっているんです。例えて言うなら象のオスが1頭、屋根に乗っていることになります。

お相撲さんでいえば約26人くらい。

家は耐えているんですね。 すごいです。

しかし、このタイミングで震度7クラスの大地震が来たらどうでしょう。耐えることができるでしょうか。

耐震住宅のテクノストラクチャーであれば、心配ありません。

屋根に積雪1.5m この状態で地震が起こった場合のシュミレーションも行っており、耐震等級3、耐雪等級2(共に最高クラス)をクリアしています。

地震はいつ、どこで起こるか分からない。だから安心できるお家が必要です。IMG_20170124_162025 (1)

 

コメントを残す

モデルハウスの見学はお気軽にどうぞ
近くのモデルホームを探す
モデルハウスにお気軽にご連絡ください
0120-171-903
いつでも相談を受け付けています
メールでお問い合わせ