在来軸組工法(木造注文住宅) 木の家づくり

在来軸組工法(木造注文住宅)木の家づくり

 

美しさ、温もり、それ以上に、
建築素材として優れている「木」。

但馬特有の気候

但馬での住まいづくりを考えるには、暑い夏と雪の多い冬、一年を通じて多雨多湿な但馬特有の気候風土を考慮した家づくりを心がけなければなりません。おすすめするのは木造建築。
『クレスの家』は、ずっと快適に暮らしていただくための機能と性能を施しています。

木の家をおすすめする理由
素材としての強さ

1300年以上も生き続ける木。
木は伐採されたあと、含水率が下がることで、強さが次第に増していくという特徴があります。圧縮・引っ張り・曲げなどに対する強度は、およそ 200~300年経った頃にピークを迎えるといいます。そして1000年ほど経って、ようやく伐りだした時と同じ強度に戻ります。建立されて1300年以上も経つ奈良の法隆寺も、その強さは建てたばかりの時とさほど変わらないというわけです。

鉄やコンクリートよりも強い木。
重さに対する強さの度合いを比べると木は、鉄の4倍以上の引っ張り強度、コンクリートの5倍以上の圧縮強度を誇っています。木は、押したり引いたりする力にバランスよく抵抗する特性をもっており、まさに構造材として最適の材料といえるでしょう。

災害に対する強さ

木は、鉄よりも火に強い。
驚かれるかもしれませんが、木は優れた耐火性能も備えています。鉄やアルミニウムなどの金属素材は、高温になると急速に強度が低下してグニャリと曲がってしまいます。これに対して柱や梁などの太い木は、燃えると表面に炭化層が生まれ中心部まで火が進まないので、強度低下はきわめてゆるやかなのです。

軽くて、丈夫。だから地震にも強い。
地震による揺れのエネルギーは、建物の重さに比例します。優れた強度を持ちながら、同時に軽さも兼ね備えた木の家は、地震の影響も少なく、大きな被害を受けずにすみます。これまでの大地震でも、大型ビルは倒壊しても、木の家は大丈夫だったという報告も数多くなされています。

工法の優位さ

どんな敷地にも対応し、将来の増改築も簡単。
軽くて扱いやすい木で建てる在来軸組工法は、狭小地や変形地、傾斜地、道路条件の悪い敷地でも自由に建てられます。また将来の増改築も、建物すべて一体化させる構造の鉄筋コンクリート建築やプレハブ建築に比べ、手軽に簡単に行えます。歳月の流れとともに、家族のライフスタイルは変わっていくもの。それに対応できてこそ、はじめていい住まいと呼べるのではないでしょうか。

住まいを快適に演出する屋根形状。
「西欧の家は壁の建築、日本の家は屋根の建築」と言われるように、日本伝統の工法である在来軸組工法は、屋根に大きな特徴があります。深い軒や庇は、夏の日差しをさえぎり、冬は日差しを室内までたっぷりと取り込むことができます。さらに建物に雨を振り込ませず、自然の風を取り入れることができるので、躯体を湿気から守っています。

優れた断熱性

夏涼しく冬暖かい、木の住まい。
木の熱伝導率は、コンクリートの10分の1、鉄の500分の1しかありません。この低い熱伝導率が木独特のほどよい温もりを生み出すのです。また木の壁や骨組みは、断熱材とあわせて優れた断熱性を発揮し、夏は外の熱気を伝えず、冬は室内の快適温度を逃さない効果があります。

屋根の形状も優れた断熱構造に。
木造軸組工法では、屋根のカタチも、夏の暑さや冬の寒さを緩和す仕組みになっています。つまり、勾配屋根となることで屋根となることで屋根と天井の間に空気層が生まれ、これが断熱材の働きをするわけです。一方、コンクリート造の陸屋根は、こうした空気層がないため、熱気や冷気が屋根を通して直接室内に伝えられてしまいます。

適度な調湿性

つねに適度な温度状態にコントロール。
木材は、湿度が高いときは室内の湿気を吸収し、乾燥すると水分を放出し室内を一定の湿気に調整するという特質をもっています。正倉院の宝物が1300年もの間、見事に保存されてきたのは、この優れた吸放湿性のおかげ。こうした機能は、自然素材である木ならではのものといえるでしょう。

屋根の形状も優れた断熱構造に。
寒い冬、冷たい壁にジメジメとした水滴が付着する結露は、温度と湿度のアンバランスから生まれます。結露は壁を汚すだけでなく、住まいの寿命にまで大きな影響を与えます。木材は室内の余分な湿気を吸収し、不快な結露が発生しにくい環境をつくります。

人へのやさしさ

生き物にとって良好な住環境を提供。
木製、金属製、コンクリート製の飼育箱で生まれたばかりのマウスを育てる実験が静岡大学で行われました。これによると、生後23日目の生存率は木は85%なのに対し、金属が41%、コンクリートにいたっては7%と大きな差が生じました。これをそのまま人間に当てはめることができませんが、木が生き物にとって好ましい住環境を与えることの、ひとつの証明といえるのではないでしょうか。

足の裏から伝わる軟らかさと温もり。
人が歩くとき、床が硬いか軟らかいかで、疲れ方が大きく変わってきます。硬い床では衝撃がまともに関節に加わり、歩きにくく感じるわけです。また、熱伝導率の低い木の床には独特の温もりがあり、足元からの冷えを防いでくれます。

モデルハウスの見学はお気軽にどうぞ
近くのモデルホームを探す
モデルハウスにお気軽にご連絡ください
0796-24-7071
いつでも相談を受け付けています
メールでお問い合わせ