CRESのスタッフブログ
CRES 建築 > CRESのスタッフブログ > 異常震域という言葉を知っていますか。

異常震域という言葉を知っていますか。

2017年4月13日 / ひとりごと

日が照ると暖かいを通り越して、暑いくらいですね0019-0dd89

寒いよりはましですが、

さて、先日、経営指針発表会の際、91年前に起こった北但大震災についての講演を聞きました。

その中で、とても興味を持った言葉がありました。

「豊岡市は異常震域です」

聞いたことがなかったので調べましたが、

異常震域:通常地震の地震であれば観測される震度(加速度)は震源地(震央)で最も大きくなり、中心から同心円状に広がりながら観測される震度は小さくなる。
このような傾向を示さない震度分布を示す場合で、震源から同距離の地点だが震度が大きい地域を異常震域と呼ぶ。

と難しい言葉で書いてありますが、簡単に言えば、震源から遠いはずなのに、近い場所より震度が大きい場所。

なぜ、こんなことが起こるかというと、地盤が深くかかわっているようです。地盤がゆるいとゆらゆらなるので、揺れも増幅されるようです。

ちなみに豊岡市は神戸の六甲アイランド(埋立地)並みの地盤の弱い地域だそうです。

そんな地域に建てるお家はやはり、地盤補強や強い基礎がより重要になってき、さらに耐震性も大変、重要になってくるのではないでしょうか。

耐震性を示す値に耐震等級がありますが、建てるのでしたら、耐震等級1よりも2、2よりも3。3あればいつ起こるかわからない地震にも安心して、生活が送れそうですね。 (耐震等級3は消防署、警察署とおなじ等級です)

クレスではパナソニックのテクノストラクチャー工法で建築頂ければ、標準で耐震等級3をクリア。さらにパナソニックの分厚い保証書も付いてきます。

知りたい方はモデルハウスまでお越しください。

豊岡市日高町山本214

℡0120-171-903
P1010628

 

コメントを残す

モデルハウスの見学はお気軽にどうぞ
近くのモデルホームを探す
モデルハウスにお気軽にご連絡ください
0120-171-903
いつでも相談を受け付けています
メールでお問い合わせ